©RELAIS&CHÂTEAUX

ルレ・エ・シャトーの歴史は、パリとニースを結ぶ国道7号線上にある8つのオーベルジュのオーナー達がパートナーシップを結び、1954年に創設した「レ・ルレ・ド・カンパーニュ(田舎の宿)」からスタートしました。

その後、「ラ・ルート・デュ・ボヌール(幸福の道)」という名称のキャンペーンを展開し、フランス全土に広がり、1956年以降、加盟メンバー数は8軒から25軒、ついで80軒と発展し、さらに、スペイン、オランダ、ドイツ、オーストリア、スイスのホテルが加盟し、国境を越えた最初のフランスのホテル組織となり、1961年には、初のヨーロッパガイドブックを刊行しました。

©RELAIS&CHÂTEAUX

ロアンヌの著名なレストランのオーナーシェフ、ピエール・トロワグロが中心となって、トップ・シェフたちが集まりルレ・グルマンを創設。

ルレ・ド・カンパーニュとルレ・グルマン、お城スタイルのホテル組織 シャトー・ホテルズの3組織が合併し、1974年「ルレ・エ・シャトー」の誕生です。

パリに本部を置き、ホテルとレストランのオーナーが加盟し、自治運営する非営利団体の協会組織として毎年発展し続け、ルレ・エ・シャトーは食と旅の世界のベンチマークとなっています。ナパバレーのブドウ畑から、フランスのプロヴァンス地方、インド洋にちりばめられた数々の美しいビーチ、そして伝統的な日本の温泉旅館まで、世界中の様々な国や地域で、その土地の風土に根ざした美しいライフスタイルや魅力をお客様に提供し、今では、世界62ヶ国、約580のホテルとレストランが加盟しています。

©RELAIS&CHÂTEAUX

新規加盟には厳格な審査と、ルレ・エ・シャトーの価値を共有できる、個性あるホテル・レストランのみが加盟を認められます。加盟するメンバーは、お客様ひとりひとりとの一期一会を大切にし、本物のリレーションシップを築くという情熱を共有しています。

世界にはいろいろなホテルやレストランがありますが、やはりフランスはバカンスの国なので泊まるところに関しては非常に関心が高く思い入れも強いと思います。
有名なガイドブックミッシュランもホテルとレストランのことが載っているガイドブックです。

©RELAIS&CHÂTEAUX

こちらルレ・エ・シャトウもガイドブックですがこちらはリゾートホテルやレストランが中心のクオリティの高い洗練されたホテルレストランが中心で、多くのホテルレストランはオーナーが経営しているものが多く、実際料理長がオーナーということが多々あります。
そして、家族経営のホテルも多く非常に細かいサービスを受けることができるので、その地方や国の心に触れることもできる機会があります。

©RELAIS&CHÂTEAUX

旅はその土地の人のぬくもりが感じられると、心豊かになるのではないでしょうか。
そんな新しい体験や心の洗濯をルレ・エ・シャトーで是非ご体験ください。

©RELAIS&CHÂTEAUX
©RELAIS&CHÂTEAUX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。